年の残り BookLive 電子書籍 読んでる 評価


年の残り無料試し読みコーナー


69歳の病院長が最近しきりに思うのは、遠い若き日々と自らの老い、そして死んでしまった友人知人たち。患者の少年を診るにつけ、その昔縁談のあった少年の美貌の伯母を思い出す。死が淡く濃く支配する、人生の年輪が刻み込んだ不可知の世界を、丸谷才一ならではの巧緻きわまりない小説作法と仄かなユーモアで描き出す、第59回芥川賞受賞作の表題作。他に、「川のない街で」「男ざかり」「思想と無思想の間」の佳作三篇を収録。いずれも小説の醍醐味を味わえる、珠玉の短篇集。
続き・・・



年の残り無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


年の残り「公式」はコチラから



年の残り


>>>年の残りの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)年の残り評判


BookLive!(ブックライブ)の年の残り支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも年の残り電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも年の残りの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも年の残り支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、年の残りの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい年の残りが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな年の残り電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)年の残りあるある


無料漫画と呼ばれているものは、店舗での立ち読み的なものだと捉えられます。本の内容を一定程度確認した上で入手できるので、ユーザーも安心だと思います。
スマホで見れる電子書籍は、有難いことに文字のサイズを調節することが可能ですので、老眼で見えにくい高齢者でも、簡単に読むことができるという特徴があるわけです。
ユーザーが急に増えてきたのが無料のBookLive年の残りです。スマホ上で漫画を見ることができるため、邪魔になってしまう本を携帯することも不要で、出かける時の荷物を少なくできます。
「外出先でも漫画に没頭したい」と思う人に便利なのがBookLive年の残りです。邪魔になる書籍を携帯する必要性もなく、荷物自体も重くなりません。
老眼のせいで、目の前の文字が見えにくい状態になったという高齢の読書好きな方には、スマホで電子書籍を楽しめるようになったというのは、何より嬉しいことなのです。フォントの大きさを読みやすく調整可能だからです。



年の残りの詳細
                   
作品名 年の残り
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
年の残りジャンル 本・雑誌・コミック
年の残り詳細 年の残り(コチラクリック)
年の残り価格(税込) 530円
獲得Tポイント 年の残り(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)